適正診断を基に仕事を探す方法

自分の適性を理解する

人には、得手不得手、向き不向きがあります。これらを決定するのは遺伝的な要素もありますし、何に興味を持つかなど生き方によっても異なります。
自分の好みや特性を理解して職探しできるのであれば良いですが、その一方で自分には何が合うのか分からないという人もいます。適性診断は、自分の方向性を把握していない場合大きな助け舟になる可能性があります。適性診断は所謂心理テストのようなもので、選んだ選択肢によって地道な仕事が向くのかクリエイティブな仕事が向くのか判明します。適性診断によって判明した向いている職業については、せっかくなので深く調べておきたいです。調べた結果、仕事内容が魅力的に思えれば職探しのゴールがおのずと見えてきます。

適性診断任せは危険です

適性診断は心理的に向いている職業を導きますが、その判断にすべてを委ねるのは危険です。例えば診断の結果、コツコツと行う工場勤務が向いていると出た場合、それを鵜呑みにして工場勤務だけに方向性を縛るのはいけません。工場勤務は一つの診断結果であり、参考程度に考える必要があります。もちろん工場勤務について理解を深めることも重要ですが、視野を狭めるのは避けたいです。
適性診断で結果が出ると、すぐさま否定したくなることがあります。結果の職業を見て、直感的に自分に合わないだろうと判断して目を背けてしまうのはもったいないですし、適性診断を行った意味がありません。自分に合わなさそうと思っても、一度その職業と向き合ってみます。

工場の仕事は、外での仕事が多いため、晴れている日は暑く雨の日は塗れながら行います。冬は寒くて雪の中行うこともあります。